セフレ探しはこちら

セフレという関係においての注意点とは?

セフレというのは、かなり簡単な関係ですし、かなり理想ですよね。
誰でも気軽に体の関係を楽しむことが出来るので、魅力的です。
ただ、もちろん単純に体の関係を持てるという場合も多いですが、中には思わぬトラブルに巻き込まれる事もあるのです。
セフレという、憧れの関係で注意をしなければならないというのは一体どのような点なのでしょうか?

人妻は注意

人妻というのは、セフレには持ってこいの存在です。
夫のセックスレスに悩んでいるような人妻というのは、積極的にセフレを作りたがりますし、お金を払わなくても簡単に関係に応じてくれます。
そんな人妻はかなり割り切って関係を持てるのですが、そこで注意をする点というのは、あくまで既婚者という事です。
どんな人妻でも夫に関係がバレるのは怖いです。
セフレを作るのは、夫への愛情が冷めている人もいますが、夫を愛しているからこそ、セックスレスが受け入れられなくて、外でその欲を発散して気持ちを紛らわせたいという人もいます。
しかし、愛情が冷めているという人でも、バレてしまえば、自分が慰謝料を払わなければならないハメになるので、それは避けたいところです。
なので、必死にばれないようにはしますが、どうしてもバレてしまうという事があります。
そうなると、離婚となって慰謝料を請求される場合も多いですが、いくら恋愛感情のないセフレとはいっても、不貞行為に当たるわけなので、不倫と同じになってしまうのです。
不倫をした場合には、相手である男性にも慰謝料が請求されます。
その額の相場というのは100万円だと言われています。
これはかなりの高額ですよね。
また、家庭のある人になれば、自分の妻からも慰謝料を求められる事もあります。
となると、そちらにも100万円を支払わなければならないので、計200万円は払わなければなりません。
軽い気持ちで体の関係を持ちたかっただけなのに、その代償はあまりにも大きいです。
なので、人妻というのは、セフレにはかなり便利ですが、絶対に関係をバレないようにしなくてはいけません。
例えば、そこまで頻繁に会わないようにするだとか、夫と一緒にいると思われるような時間や曜日には絶対に連絡をしないという事が大切です。
また、あまり深入りをせずに、ある程度楽しめれば、関係をやめるという決断も必要です。

女性の感情を大切にしておく

セフレという関係でも、相手が好意を持ってくれることもあります。
自分に好意を持ってくれるというのは、とても嬉しいことですが、自分にその気持ちがなければ、面倒でしかありません。
ただ、そういう女性をあまりにも冷たくあしらってしまうと、その好意は恨みに変わってしまいます。
そうならない為には、相手に好意があると気付いた段階でさりげなく関係を終わらせるという事です。
ストレートに言ってしまったりして、相手を傷つけるのは危険なので、会いたいと言われても、忙しいという事を言ってみたりして自然消滅を狙ったり、そういうのが面倒だという人は、恋人が出来たという事を言ってみましょう。
そこで、一番いけないのが、君の事も好きだけどと相手に少し優しくして自分をよく見せようとする事です。
好きだけど今は付き合えないと言って、関係を続けようとする男性は多いですが、そうすると女性は期待をしてしまいます。
期待をさせてしまえばしまうほど、その好意が実らないと分かったときの反応というのは怖いです。
そこからストーカー行為に及んでしまう女性もいますし、最悪なケースになると、怖い男性を出してきて、制裁を加えようとしてきます。
また、それならば今まで体の関係を持った慰謝料を払えとお金を請求してくる女性もいます。
そうならない為にも、女性に期待はさせずに、自分が嫌な奴と思われてもいいというくらいで女性を避けるようにしましょう。
恋愛感情が叶わなかったとき、落ち込むと言う人が多いですが、中には復讐をしてやるという発想を持つという人もいます。
そういうようなタイプの女性だとは思わなかったという女性でも、いきなり豹変をする事もありますから、十分に注意をしましょう。

セフレと見せかけた詐欺

セフレになりましょうという事で会ったのに、体の関係を持ったら、お金を要求してくるような女性もいます。
いわゆる美人局のセフレバージョンと言う事です。
特に未成年の女性には警戒をしましょう。
未成年となると、同意の上だとしても体の関係を持ったというだけで淫行という罪になってしまうので、かなり危険です。
未成年だとは知らなかったなどという言い訳も絶対通用しません。
なので、まずは未成年は避けるという事が大切です。
そして、未成年ではなくても、男性が既婚者の場合は家族にバラすという事をネタにゆすってくるという人もいますから、既婚者の場合は結婚しているという事は絶対に隠します。
独身同士ならば、別に体の関係を持とうが自由ですから、脅されても別に怖くはありません。
むしろ、恐喝罪で警察に言うということを強くいえたりします。
ただ、一番いいのはそのような危険な女性に当たらないようにしておくという事です。
女性は見た目ではわかりませんが、ある程度この女性は危険そうだなという女性は避けるようにします。
例えば、あまりにも綺麗な女性というのは、セフレをわざわざ探すわけがないので、相当怪しいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ